10月 31

“I don’t understand tokinawa_oct31his homework. I give up.”
“You can succeed if you just don’t give in!”
“I had better replace this tire before it gives out.”

Many phrasal verbs use “give”. Here are a few examples, all having to do with quitting and failure.

「この宿題が分からない。もうあきらめる!」
「あきらめなければいつか成功できる!」
「このタイヤ―が故障する前に変えたほうがいい。」

Giveを使った句動詞がいくつかあります。上記の例は全部あきらめることや故障に関してのものです。

Tagged with:
10月 30

hvweek18itsanappleIn this week’s video, we learn the names of some delicious and colorful fruit. We also practice using “it’s a” and pairing the fruits with their colors!

今週の動画で美味しくてカラフルなフルーツの名前を覚えましょう!「It’s a」を使って練習をし、フルーツと色の組み合わせをやってみましょう。

Classroom Tip
Before doing this chant, play the It’s a Chant video to warm-up. Then, as you watch this week’s video, students can point to the objects on “It’s a” and then make a shape with their hands or do the fruit gesture with their hands. Please see our gesture video here. This is an extension of the “It’s a” chant, using Unit 5 fruit. As apple and orange begin with vowels, it becomes “It’s an…”, but this does not need to be overly emphasized. If students say, “It’s a apple.” simply recast with “It’s an apple.” As they get older and begin to read, they will eventually notice. Right now, just provide the correct input for them to hear. Put some plastic or real fruit into a bag. Students can reach in and if they pull out a plum say, “It’s a plum.” Do this with all the fruit.

教室でのヒント
このチャントの前に「It’s a Chant」の動画を見ておきましょう。そうすると、生徒は今週の動画を見ながら「It’s a」と指をさして、形やフルーツのジェスチャーが出来ます。このジェスチャー動画を参考にして下さい。ユニット5のフルーツを使って「It’s a」チャントを拡張します。AppleとOrangeは母音で始まるので「It’s an」になりますが、あまり強調しなくてもいいです。生徒が「It’s a apple」と間違えたら先生が「It’s an apple」と言えばいいです。大きくなって文字が読めるようになったら気づくはずです。今は、正確に聞きとれるようにしてあげましょう。本物、またはおもちゃのフルーツを袋に入れます。生徒が袋から1つ取り出し「It’s a plum」などと言います。すべてのフルーツが取り出されるまで繰り返します。

At Home Tip
Do as in the Classroom Tips, providing input and playing with plastic or even real fruit in your house.

お家でのヒント
教室でのヒントと同じようにします。おもちゃのフルーツもしくは家にある本物のフルーツを使いましょう。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
10月 28

oct28ElephantEarAn elephant ear is a dessert, and does not contain actual an elephant ear! It is made of dough, shaped into a big, thin circle, then fried and covered in butter, cinnamon and sugar. The shape looks like an elephant’s big, thin ear. The dessert can be found at many fairs and carnivals in the United States.

「象の耳」と言ってもお菓子で、象の耳が入っているわけではありません!生地を薄くのばし大きな円形にして、油で揚げてバターとシナモン、砂糖をふりかけます。形は象の大きくて薄い耳に似ています。このお菓子はアメリカのお祭りなどでよく見かけます。

Tagged with:
10月 24

“It’s best to avoid controkinawa_oct24oversial subjects. We don’t want to offend our guests.”
“That hat is so ugly. It’s offensive!”
“Frankly, I’m offended by that remark.”
“I apologize if I’ve caused any offense.”

If something is very rude or very bad, it might offend someone. Here we can see the verb “offend”, as well as the adjective forms “offensive” (the rude or bad thing) and “offended” (the person reacting to it), and the noun form, “offense”.

「論争的な話題を避けましょう。お客さんを不快にしたくありません。」
「あの帽子はあまりにも醜くて気に障る。」
「実を言うと今の言葉が気に障りました。」
「気に障ったなら謝ります。」

とても失礼なことや悪いことは人の気に障ります。ここでは動詞の「offend」、形容詞の「offensive」(気に障るもの)と「offended」(気に障られた人)、名詞の「offense」が見えます。

Tagged with:
10月 22

hvweek17itsa“It’s a” can be a difficult word combination for young children to master, but it’s very common in English. Get some practice with it and have fun at the same time with this week’s video!

「It’s a」は、小さな子供には難しい単語のコンビネーションですが、英語ではよく使います。今週の動画で楽しみながら練習しましょう!

Classroom Tip
The It’s a Chant is used in almost every class. Let Kinka be teacher and have students dance with him. This chant is great to use with almost all units because “it’s a…” is so useful with the Happy Valley series’ vocabulary.

教室でのヒント
It’s a Chant は、ほとんど毎回授業で使います。キンカに先生になってもらい、生徒たちに一緒に踊ってもらいましょう。ハッピーバレーシリーズで紹介するボキャブラリーと「it’s a」の相性がとても良いので、ほとんどすべてのユニットで活用できるチャントです。

At Home Tip
This chant can be used with almost all the units and gets everyone ready for next week’s video. Check back then.

お家でのヒント
ほとんどすべてのユニットで使えるこのチャントで、来週の動画の為の準備をしましょう。来週の動画を楽しみにしていてください。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
10月 21

okinawa_oct21“It went off” can be a confusing English phrase because it means opposite things. It can mean something was turned off: “The light went off; I think the bulb burnt out.” It can also mean something is on or activated: “The mousetrap went off when the mouse took the cheese.” When you hear “went off,” listen for context clues to understand the meaning.

It went off は相反する意味があるのでちょっとややこしいフレーズです。電源を切られた、光らなくなったという意味で使えます。例えば「明かりが消えた。電球が切れた。」もう一方は、起動する、光るという意味です。例えば「ネズミがチーズをとったらネズミ取り機が起動した。」went off と聞いたら、前後の会話や文章からヒントを探しましょう。

Tagged with:
10月 17

“A dedicated journalist, Jane was willing to risk danger to get the story.”

This pattern is not so common in casual speech. Like last week, the appositive “a dedicated journalist” is set off with a comma. Like the appositive at the end of the sentence, it needs only one comma, because there is nothing on the left to separate it from.

「献身的な記者のジェーンは記事のためなら危険をも顧みない覚悟はあった。」

カジュアルな会話ではあまり聞かないパターンです。先週と同じように「献身的な記者」という同格語はコンマで区切られています。文の最後にくる同格語と同じように、左に文の続きがありませんのでコンマが一つだけ必要とします

Tagged with:
10月 16

hvweek16itsarobotWith this week’s video, children can learn or review vocabulary about shapes and toys, as well as simple sentences using “it’s a”.

今週の動画では形とおもちゃの単語、そして「it’s a」を使った簡単な文を練習しましょう。

Classroom Tip
Before doing this chant, play the It’s a Chant video to warm-up. Then, as you watch this week’s video, students can point to the objects on “It’s a” and then make a shape with their hands or do the toy gesture with their hands. Please see our gesture video here.

教室でのヒント
このチャントの前に「It’s a Chant」の動画を観ておきます。そうすると、今週の動画を観ながら「It’s a」と指をさして、形とおもちゃのジェスチャーが出来ます。このジェスチャー動画を参考にして下さい。

At Home Tip
Do as in the Classroom Tips. Then, try to find shapes around your house. If your child has a book, robot or doll, find those, too.

お家でのヒント
教室でのヒントと同じようにします。そして、動画に出てきた形と同じものを家の中で探します。本、ロボット、人形などがあればそれも探しましょう。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
10月 14

okinawa_oct14The tango is a passionate dance from Argentina, and requires two people. The phrase “it takes two to tango” means that two individuals or entities have responsibility for a situation or argument–they are both essential in the situation. Example: “The two countries must work together if they want to come to a resolution. After all, it takes two to tango.”

タンゴはアルゼンチンの情熱的な踊りで、2人で踊ります。「タンゴには2人必要」というフレーズは、2人、又は2つのグループの双方に責任があります。両方揃っている状況です。例えば、「両国が協力し合わないと解決できません。だってタンゴは2人必要って言うでしょう」。

Tagged with:
10月 10

Okinawa_oct10_commondomain“Mr Johnson, the band director, walked onto the stage.”
“I picked out the cutest kitten in the litter, the black and white one.”

In these sentences, “the band director” and “the black and white one” are appositives. They are offset by commas. “The band director” appears in the middle of the sentence, so it has two commas, one on each side. “The black and white one” appears at the end of the sentence, so it has only one. The end of the sentence makes the other comma unnecessary.

「楽団指揮者のジョンソンさんがステージの上にのぼりました。」
「兄弟の中で一番かわいい子猫、白黒の方を選んだ。」

この英文では「楽団指揮者」と「白黒の」は同格語です。コンマで区切ります。「楽団指揮者」は文の真ん中にありますので、両側にコンマを入れます。「白黒の」は文の最後にあり、コンマが置けないのでコンマが一つだけです。

Tagged with:
preload preload preload