11月 30

nov30cockney-rhyming-slangCockney rhyming slang originated in the East end of London around the 19th century (cockney is a term used to describe people from London’s East end). It commonly replaces a word with a phrase of two or more words that rhyme with the original word. For example: “dog and bone” can mean phone, or “trouble and strife” can mean wife. There are thousands of examples. It’s a popular way to make light hearted and fun conversation in parts of England (especially the South).

Cockneyの韻を踏むスラングは19世紀頃東ロンドンで生まれました。(Cockneyとはロンドン東部出身の人のことです。)ある単語を、それと同じ韻を踏むフレーズと入れ替えます。例えば「dog and bone(犬と骨)」は「phone(電話)」、「trouble and strife(トラブルと苦しみ)」は「wife(妻)」になります。何千個もの例があります。イングランドの色々な場所、特に南部でにおいて会話を楽しくする方法です。

Tagged with:
11月 26

okinawa_nov26How do you pronounce the word “close”?

It depends which “close” it is! You need to see the rest of the sentence.

“Christmas is getting close. We had better go shopping!” The adjective “close” that means “near” has an S sound.

“Make sure to close the door when you leave.” The verb “close” that means “to shut” has a Z sound.

「Close」という単語はどう発音しますか?

どちらのcloseなのかによります!残りの文章を見ないと判断できません。

「クリスマスが近づいてきている。買い物をしなくては!」形容詞のcloseは「近い」という意味でSの音になります。

「出るときは扉を閉めるの忘れないでね。」動詞のcloseは「閉める、閉まる」という意味で、Zの音になります。

Tagged with:
11月 25

hv45fghsongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 3, introduces vocabulary that begins with the f, g, and h sounds. Put the flashcards on the ground and ask the students, What does Filly want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters f, g, h on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds. Bring in some other objects that start with the same sounds; if students know the words, see if they can match it to one of the sounds. If they don’t know what something is, have them ask What is it? or What are they? After you provide the answer, see if they can match to one of the sounds.

 

教室でのヒント

フォニックスブック1のユニット3に出てくるこの歌は、f, g, h の音から始まるボキャブラリーを紹介します。フラッシュカードを床に広げて、「What does Filly want?」と尋ねましょう。そして生徒に同じ音で始まる言葉を言う、もしくはタッチさせます。上達してきたら、f, g, h の文字が書かれたカードを床に置いて、先生が単語を言います。生徒はその単語の最初の文字が書かれたカードにタッチします。次は生徒が先生役になって、単語を言ってもらいましょう。同じ音で始まる別の単語を知ってるかチェックしてみてください。また、その音で始まる物を持ってきてもらいましょう。その単語を知っているなら、音とマッチさせてみましょう。わからない様なら What is it? や What are they? と尋ねて、答えを伝えた後に音とマッチさせてみましょう。

 

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 3, introduces vocabulary that begins with the f, g, and h sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, find other things in your house that begin with the same sounds. Do you have a flower, fan, game, (pack or piece of) gum, heart and hat? Say the sound of the letters and touch the objects that start with the same sound.

 

お家でのヒント

フォニックスブック1のユニット3に出てくるこの歌は、f, g, h の音から始まるボキャブラリーを紹介します。一緒に歌いながら単語を表すジェスチャーをしましょう。お家の中で同じ音で始まるものを探しましょう。お花、扇風機、ゲーム、ガム、ハート、帽子はあるかな?その音で始まるものに触って文字の音を言いましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
11月 19

okinawa_nov19“I don’t want to watch that. Choose a less boring movie.”
“This book is too hard for my son. He’s only in first grade. Do you have any less difficult books?”

Just like “more”, “less” can appear before an adjective and noun. This makes it easy to talk about “a movie that is less boring than that one” or “a book that is less difficult than this one”.

「その映画は観たくない。それほどつまらなくない映画を選んで。」
「この本は家の息子には難しすぎる。これほど難しくない本はありますか?」

「More」と同じように「less」も形容詞+名詞の前に現れることができます。「あれほどつまらなくない映画」や「これほど難しくない本」についてより簡単に話せます。

Tagged with:
11月 16

nov16-if-it-aint-broke-dont-fix-itIf it ain’t (contraction of am not, are not, or is not. In this case, is not) broke don’t fix it is a phrase used to say that if something is working just fine, leave it alone. This can be applied to objects or situations. For example:
“The car seems to be working okay, do you think I should take it to the mechanic?”
“If it ain’t broke don’t fix it.” Or:
“My husband and I are happy, but I feel like we need marriage counselling.”
“If it ain’t broke don’t fix it.”
It originates from the human need to constantly improve on things, when sometimes things are fine just the way they are.

「壊れてないなら直すな」(ain’tはam not, are not, is notの短縮形、この場合はis notの短縮形として使われています。)とは「うまくいっていることはそのままにしておきましょう」という意味のフレーズです。物にも状況に対しても使えます。例:「この車は問題なく走っているけど、車屋に行ったほうがいいと思う?」
「壊れてないならそのままでいいだろう。」
「主人と私は幸せだけど、なんだか結婚カウンセリングに行った方が良いような気がする。」
「うまくいってるならほうっとけ」
人間には、このままで良いものでも改善しようとする癖があります。

Tagged with:
11月 12

okinawa_nov12“It’s less cold today than yesterday.”
“I have less time to make dinner when I work late.”

“Less” can come before an adjective to make a comparison, like “less cold”. In “less time”, there is no adjective after “less”. This means it’s talking about the amount (of time), rather than another quality.

「昨日ほど寒くない。」
「残業すると晩御飯を作る時間が少ない。」

Lessはless coldのように形容詞の前につけることで比較できます。Less timeではlessの後に形容詞はありません。これは他の特徴ではなく、量の話をしていることになります(ここでは、時間の量)。

Tagged with:
11月 11

hv44cdesongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 2, introduces vocabulary that begin with the c, d, and e sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Put the flashcards on the ground and ask the students, What does Cally want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters c, d, e on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds.

教室でのヒント

フォニックスブック1、ユニット2のこの歌は c, d, e の音から始まるボキャブラリーを紹介しています。一緒に歌いながら言葉を表すジェスチャーをしましょう。フラッシュカードを床に置いて、「What does Cally want?」と尋ねます。同じ音で始まる単語を言う、またはその文字が書かれたカードにタッチしましょう。上達してきたら、c, d, e の文字のカードを床に置いて単語を言います。生徒が最初の文字のカードをタッチします。生徒に先生になってもらい、単語を言ってもらいましょう。生徒たちが同じ音で始まる他の単語を知っているか見てみましょう。

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 2, introduces vocabulary that begin with the c, d, and e sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, find other things in your house that begin with the same sounds: cap, desk, end table, etc.

お家でのヒント

フォニックスブック1、ユニット2のこの歌はc, d, e の音から始まるボキャブラリーを紹介します。一緒に歌いながら言葉を表すジェスチャーをしましょう。お家の中で同じ音で始まるものを探してみましょう。例えばcap, desk, end tableなどなど。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
11月 09

nov9-bonnet-vs-hoodBonnet is a type of hat, but in England it’s also (and more commonly) used to describe the part of the car that covers the engine. In America, this is referred to the hood. For example: “Can you lift the bonnet?” (British) or “I need to look under the hood.” (American).

bonnetと言えば帽子の一種ですが、イングランドでは車のエンジンを覆う部分のことにbonnetという単語が良く使われます。アメリカではhoodと呼びます。例:「bonnetを上げてくれる?」(イギリス)「hoodの下を見ないと」(アメリカ)

Tagged with:
11月 05

okinawa_nov5“Wow. You can draw as well as Picasso.”

“I can’t draw as well as Picasso” has “not” before “draw”, meaning that Picasso’s skill and my own are not equal. This implies that my skill is less than Picasso’s.

Without the “not”, it means that Picasso and I have equal levels of skill.

「すごい。ピカソみたいに描けるね。」

「ピカソみたいに描けない」という意味の文では「draw」の前に「not」がありますから、ピカソと自分の能力は同じではないということになります。これは自分のほうがピカソより怠っていると受け取られます。

「Not」がないと、自分とピカソの能力のレベルが等しいという意味になります。

Tagged with:
11月 02
Argument

Argument

A very polite and very British way of describing an argument. It can mean a verbal disagreement, pushing and shoving, or a full-on fight! For example: “Ben and Andrew got into a bit of an argy-bargy last night!”

「Argy-bargy」とはイギリスっぽく礼儀正しい「ケンカ」という意味の単語です。口喧嘩、少し相手を押すようなケンカ、本気で殴るケンカなど全てを含みます。例:昨夜、ベンとアンドリューがちょっとケンカした!

Tagged with:
preload preload preload