1月 28

okinawa_jan28“I was too busy cooking dinner.”

“I was too busy to cook dinner.”

What’s the difference? If I was too busy cooking dinner, I was cooking and I could not do something else. “I was too busy cooking to watch the TV show.” If I was too busy to cook dinner, I didn’t cook because I was busy doing something else. “I was too busy with homework to cook.”

「晩御飯を作るのに忙しかった」

「晩御飯を作るには忙しすぎた」

どうちがうのでしょう?「Too busy cooking dinner」なら、料理で忙しく、別のことができなかった。例えば「I was too busy cooking to watch the TV show. 晩御飯を作るのが忙しくて、テレビが見られなかった」という感じ。「Too busy to cook dinner」なら、別のことで忙しく、晩御飯を作ることができなかった。例えば「I was too busy with homework to cook. 宿題で忙しく、晩御飯を作ることができなかった」となります。

Tagged with:
1月 25

okinawa_jan25This one has nothing to do with weather! It’s used to politely decline an offer or turn down plans, but with the willingness to do them at a later date. For example, if a friend asks you out for lunch but you can’t make it, you can simply just say “rain check?” and they’ll know to rearrange for another day.

このフレーズは天気とは関係ありません!また今度という意味で誘いなどを礼儀正しく断るのに使います。例えば、友達にランチに誘われたけど行けない時に「rain check?」と言ったら別の日にして欲しいという気持ちが伝わります。

Tagged with:
1月 21

okinawa_jan21“Gold is a soft metal.”

“Pine is a soft wood.”

“The cheetah is a very fast animal.”

“The sparrow is a common bird.”

 

Gold is a type of metal. Cheetahs are a type of animal. We put “a” before “metal” and “animal” just like last week’s grammar point. We can count cheetahs, so we use “the” in this sentence. It’s also fine to say “Cheetahs are fast animals,” but this sentence talks about cheetahs as a group of individuals, not a category.

 

「金は柔らかい金属です。」

「松は柔らかい木材です。」

「チーターはとても速い動物です。」

「すずめはよく見かける鳥です。」

 

金は金属の一種で、チーターは動物の一種です。先週と同じように「metal」と「animal」の前に「a」を置きます。チーターは数えることが出来る名詞なので「the」をつけます。「Cheetahs are fast animals」と言っても構いませんが、チーターという種類の話ではなく、チーターと呼ばれる種類を全部含む話になるのでニュアンスが少し違います。

Tagged with:
1月 20

hv47ijksongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 4, introduces vocabulary that begin with the i, j, and k sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Put the flashcards on the ground and ask What does Iggy want? Have students say or touch the words that start with the same sound. As they improve, put the letters i, j, and k on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be the teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds. Bring in some other objects that start with the same sounds; if students know the words, see if they can match it to one of the sounds. If they don’t know what something is, have them ask What is it? or What are they? After you provide the answer, see if they can match it to one of the sounds. In the case of the i sound, it is more often heard in the middle of a word, like pin or hip. See if students can hear the i sound in those words too, by saying them with an emphasis on the middle sound.

 

教室でのヒント

フォニックスブック1、ユニット4のこの歌は、i, j, k の音で始まるボキャブラリーを紹介します。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。フラッシュカードを床に広げて「What does Iggy want?」とききます。生徒がキャラクターの名前と同じ文字で始まる単語を言う、もしくはカードにタッチします。上達してきたら、i, j, k を床に広げて単語を言います。生徒が最初の文字にタッチします。次は生徒に先生役をしてもらい、単語を言ってもらいましょう。これらの文字ではじまる他の単語を知っているかな?同じ文字ではじまる物を用意して、単語を知っているかきいてみましょう。知っていたら、音とマッチしてもらいましょう。知らない場合は「What is it?」や「What are they?」と質問させます。答えを教えた後は、音とマッチしてもらいましょう。i の場合はpinやhipのように単語の真ん中にある場合が多くあります。真ん中の音を強調して発音することによって、このようなパターンでもiの音を聞き取れるようにしましょう。

 

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 4, introduces vocabulary that begin with the i, j, and k sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, see if you can find these same objects or other objects with the same sounds in your house. Do you have a jump-rope, kite or other toys that start with these sounds? How about food in jars or your keys? Why not give your child a kiss? The i sound is used more as a middle sound in words like kiss, pin, pillow or sit. Say the words emphasizing the middle sound whilst looking at the objects or doing the actions.

 

お家でのヒント

フォニックスブック1、ユニット4のこの歌は、i, j, k の音で始まるボキャブラリーを紹介します。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。そして、お家の中にあるこのボキャブラリーと同じ物や、他にこの音で始まる物があるか探してみましょう。縄跳び(jump-rope)など、この音で始まるおもちゃはお家にありますか?ガラスの容器(jars)に入っている食べ物や家の鍵(key)はありますか?子供にkiss(キス)するのもいいかもしれませんね!i の場合はkiss, pin, pillow, sit のように単語の真ん中にある場合が多くあります。物を見て、アクションをしながら、真ん中の音を強調して発音しましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Tagged with:
1月 18
hands texting with mobile phones in cafe

hands texting with mobile phones in cafe

“A dime a dozen” is a phrase often used to describe something that is common or easy to get. For example, “Starbucks shops are a dime a dozen” is used to mean that Starbucks is a common chain of coffee shops. The phrase can also be applied to objects and people, for example: “iPhone users are a dime a dozen!”

「A dime a dozen (12個10センツ)」とは「ありふれたもの・簡単に手に入る」という意味のフレーズです。例えば、「Starbucks shops are a dime a dozen」と言えば、スタバはどこにでもあるチェーン店という意味になります。ものや人にも使えます。例えば、「iPhoneを使っている人はどこにでもいます。」

Tagged with:
1月 14

okinawa_jan14“The shirt is made of cotton.”

“The shirt is made of a very soft cotton.”

 

Usually materials like cotton, stone, sugar or paper don’t need an article (a/an) when used this way. In the second sentence, however, the “a” shows that we are talking about a certain variety of cotton.

 

「このシャツは綿でできています」

「このシャツはとても柔らかい綿で出来ています」

 

普段このように使われる材料や素材の単語(綿、石、砂糖、紙など)には aやan はつきません。しかし、2つ目の文のように a をつけると、綿の種類について話していることになります。

Tagged with:
1月 13

hvwordsNew app: Happy Valley Words!
無料子供向け英語学習アプリをApp Storeにて発表いたしました

Japanese below – (日本語訳は下記にございます)

Modern English is delighted to announce the launch of its first app on the App Store.

Happy Valley Words is a fun, engaging game that teaches basic English vocabulary words and sounds (phonics). It uses an SRS (spaced-time repetition software) system that recycles the least known words into the game more frequently, ensuring rapid improvement.

Kids love to catch and learn the words and sounds – and level up.screen520x924-1

Happy Valley Words is playable in 4 languages: English, Japanese, Chinese and Korean.

The free version of the game includes 50 words/sounds. Additional word packs are available through in-app purchases.

Designed for kids from 2 years old and up.

FREE. Available now: Happy Valley Words

モダンイングリッシュは、初の子供向け英語学習アプリを開発し、App Storeにて発表いたしました。screen520x924

商品名 Happy Valley Wordsは、基本的な英語の語彙や音(フォニックス)を学べる、とても楽しくて魅力的なゲームです。 このアプリはSRS(間隔反復ソフトウェア)システムを使用した学習法で、知らない単語をゲームの中で頻繁に登場させ、迅速に学習効果を上げることが出来ます。

子供たちは画面に出てくる単語や音をタップして学ぶことが大好きです。そしてどんどんレベルアップします。

screen520x924-3Happy Valley Wordsは、英語、日本語、中国語、韓国語の4言語で再生が可能です。

ゲームの無料版には50個の単語や音が含まれています。 追加の単語パックは、アプリ内課金にて購入が可能です。

対象年齢は2歳以上です。

是非ご活用ください!

無料アプリはこちらから Happy Valley Words

Tagged with:
1月 11

jan11-cheers“Cheers” is often used in a pub/bar setting, usually to toast or celebrate an occasion. For example, you may be invited to drinks for a work colleague’s promotion. Often, someone will buy a round of drinks, and everyone will raise their glasses, say a hearty “cheers!” and take a drink! It’s a light-hearted, fun expression seen commonly in both American and British English.

 

「Cheers」(乾杯)はよくバーなどで使われる、めでたいことに乾杯する表現です。例えば、同僚の昇進を祝うために飲みに誘われるとしましょう。よく、だれかが皆の分のお酒を頼んで、皆がグラスを持ち上げてCheers!と勢いよく言って一口飲みます。アメリカ英語にもイギリス英語にもよく使われる楽しい表現です。

Tagged with:
1月 07

okinawa_jan7“It’s easier to open the gate than climbing the fence.”

 

In this sentence, we are comparing two options. We can open the gate and walk through. Or we can climb the fence and hop down on the other side.

 

However, the speaker has mixed two different verb forms. It’s better to use the same form for both options:

 

“It’s easier to open the gate than to climb the fence.”

“Opening the gate is easier than climbing the fence.”

 

「柵をよじ登るよりゲートを開けたほうが簡単」

 

この文で、二つの選択肢を比べています。ゲートを開いて歩いて通るか、柵をよじ登って反対側に行くか。

 

しかし、話し手は2つの異なる動詞の活用をしています。二つの選択肢に同じ動詞の活用を使う方が望ましいです。

 

正しい例は、どちらにもto もしくは、ingをつけるとよいでしょう。

Tagged with:
1月 06

20171月6日~2月10日までNew Yearキャンペーン実施中です!
入会金 通常大人・高校生10,000円、中学生・キッズ8,000円ですがキャンペーン中にご入会の方は無料となります!
2017年、この機会に英会話をはじめてみませんか?
少人数制なのでキャンペーン中の無料体験レッスンは混み合います。お早めのご予約を勧めいたします。
表示価格は税別価格です。
詳しくはお電話0120-545-109またはHPの「お問い合わせ」からお気軽にお問合せ下さい。

Tagged with:
preload preload preload