2月 25

Get up: wake up

“I get up at 6 a.m. most days.”

 

Get out: escape; leave

“I never want to see you again. Get out!”

“It’s dangerous to lock this door, because if there was a fire, you couldn’t get out.”

 

Get into: enter or board; form an interest in

“Get into the car so we can leave.”

“In high school I got into theater.”

 

Get up:起きる

「普通は朝の6時に起きます。」

 

Get out:逃げる、去る

「もう二度とあなたの顔を見たくない。出て行け。」

「この扉に鍵をかけると、火事の場合に出られないから危ない。」

 

Get into:入る、乗る、興味を持つ

「もういくから車に乗りなさい。」

「高校時代に演劇に興味を持った。」

Tagged with:
2月 22

Architecture (pronounced are-kee-tek-ture) describes the process from planning to construction of buildings. An architect is a professional person who draws and plans buildings, and often oversees the project to completion. Examples of world-famous architecture include the Taj Mahal in India, the White House in America, and The Shard in London.

建築術(アーキテクチャー)とは建物の設計から建設までのプロセスのことです。建築家は設計をし、建設中も監督をします。有名な建築物の例を挙げると、インドのタージュマハル、アメリカのホワイトハウス、ロンドンのシャードなどがあります。

Tagged with:
2月 18

“They would have you believe they’re on your side. But they’re lying!”

“Would have” appears in sentences talking about what would have happened if things had been different in the past (“If I had looked at the weather report, I would have brought an umbrella”), but in this example, it means that someone wants to make someone else do something (believe).

「彼らはあなたの味方だと信じこませようとしているが、嘘です!」

「Would have」は「天気予報を見ていたら傘を持ってきた」みたいな文には、過去が違っていたらありえたことについて話すときに使いますが、この例文では、誰かが別の人に何かして欲しい、何かさせたい(この場合は信じさせたい)という意味で使っています。

Tagged with:
2月 17

hv49opquSong2Classroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 6, introduces vocabulary that begin with the o, p and qu sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Put the flashcards on the ground and ask students What does Olly want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters o, p, qu on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds. Bring in some other objects that start with the same sounds; if students know the words, see if they can match them to one of the sounds. If they don’t know what something is, have them ask What is it? or What are they? After you provide the answer, see if they can match it to one of the sounds. Do any students have a name that begin with p sound? Can they think of other words that begin with that sound? Panda, papa, piano, etc. all start with this very common English sound. O, like other vowels, is often heard in the middle of a word, like pot, hot or hop. See if students can hear the o sound in those words, too, by saying them with an emphasis on the middle sound.

 

教室でのヒント

フォニックスブック1、ユニット6のこの歌は o, p, qu の音で始まるボキャブラリーを紹介します。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。フラッシュカードを床において「What does Olly want?」とききます。生徒がキャラクターの名前と同じ文字で始まる単語を言う、もしくはカードにタッチします。上達してきたら、o, p, qu を床において単語を言います。生徒が最初の文字にタッチします。次は生徒に先生役をしてもらい、単語を言ってもらいましょう。この文字ではじまる他の単語を知っているかな?この文字ではじまる物を用意して、単語を知っているかきいてみます。知っていたら、音とマッチさせましょう。知らない場合は「What is it?」や「What are they?」をたずねさせます。答えを教え、音とマッチさせましょう。Pで始まる名前の生徒はいますか?他にこの音で始まる単語を知っていますか?パンダ、パパ、ピアノなどがありますね。Oは他の母音と同様に言葉の真ん中に現れることが多いです。

 

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 6, introduces vocabulary that begin with the o, p, and qu sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, see if you can find these same objects around you or in books.

 

お家でのヒント

フォニックスブック1、ユニット6のこの歌はo, p, qu の音で始まるボキャブラリーを紹介します。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。そして、本の中や身の回りにo, p, qu の音で始まる物があるか探してみましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
2月 15

Easter is traditionally a Christian holiday celebrating the resurrection of Jesus Christ. However, modern times have seen Easter turn into more of a commercial holiday, with things like Easter eggs (tasty treats usually made of chocolate), Easter bunnies (a cuddly character that gives treats to children), and time off from school! It’s a big holiday in most Western countries, and especially so in America and England. It is celebrated in mid-April, with the date changing from year to year because it follows the lunar calendar.

イースターはイエスキリストの復活を祝うキリスト教の祝日です。ですが現代のイースターはもっと商業的な祝日になっています。チョコなどで作られたお菓子のイースターエッグやお菓子を配るかわいいウサギのイースターバニーが有名で、学校もお休みになります。西洋の国、とくにアメリカとイングランドではメジャーな祝日です。イースターは毎年4月中旬頃の祝日ですが、太陰暦で決めるので毎年日付が変わります。

Tagged with:
2月 08

Icing on the cake is a phrase used to describe a situation where you have something good, and you get something extra! For example, you book a vacation away, and the airport gives you a surprise upgrade to first class! When used in a sentence: “A free upgrade? That’s the icing on the cake!”. It can be used in a negative way too. If you’re having a bad day and something else happens, you may say: “Today was already bad, and now my car has broken down! That’s the icing on the cake”.

 

ケーキの上のアイシングとは、良いものに更にボーナスがついた状況を形容する表現です。例えば、旅行の予約をして、空港会社がファーストクラスに無料アップグレードしてくれました。例:「無料アップグレード?それはケーキにアイシングだね!」マイナスな使い方もあります。ついていない一日にさらに悪いことが起こるとこういいます:「今日はもうひどかったというのに、今度は車が故障してしまった。” That’s the icing on the cake! “」

Tagged with:
2月 04

okinawa_feb4“He left an hour ago. He’s likely home by now.”
“Those donuts are really popular. It’s not likely there are any left.”

If something is likely, the speaker doesn’t know for sure, but thinks it’s probably true. If something is not likely (or unlikely), it’s probably (but not definitely) not true.

「一時間前に出発したからもう家に到着しているでしょう。」
「そのドーナツは人気があるから、まだ残っているとは思えない。」

Likelyなことは、確信はしていないけど、多分そうだろうと話し手が思っています。Not likely又はunlikelyなことは、(絶対じゃないけど)違うと思っています。

Tagged with:
2月 03

hv48lmnSongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 5, introduces vocabulary that begin with the l, m, and n sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Put the flashcards on the ground and ask students What does Leo want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters l, m, n on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be the teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds. Bring in some other objects that start with the same sounds; if students know the words, see if they can match them to one of the sounds. If they don’t know what something is, have them ask What is it? or What are they? After you provide the answer, see if they can match it to one of the sounds. Do any students have a name that begins with m or n sounds?

 

教室でのヒント

フォニックスブック1、ユニット5のこの歌は、i, j, k の音で始まるボキャブラリーを紹介しています。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。フラッシュカードを床において、「What does Leo want?」と生徒にききます。生徒はキャラクターの名前と同じ文字で始まる言葉を言う、もしくはそのカードにタッチします。上達してきたら、l, m, n の文字が書かれたカードを床において、単語を言います。そして生徒にその単語の頭文字にタッチしてもらいましょう。次は生徒に先生役をしてもらい、他の生徒に向かって単語を言ってもらいます。同じ文字で始まる他の単語を知っているかどうかもみてみましょう。この文字ではじまる物を用意して、その単語を知っているかきいてみます。知っていたら、音とマッチさせましょう。知らない場合は「What is it?」や「What are they?」をきいて、答えを教えた後は音とマッチさせます。m や n で始まる名前の生徒はいるかな?

 

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 5, introduces other vocabulary that begin with the l, m, n sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, see if you can find these same objects around you. You have a leg; how about some milk, a map, noodles or nuts? Do you have any books with ladybugs in them? How about other objects like a ladle, mask or notebook?

 

お家でのヒント

フォニックスブック1、ユニット5のこの歌は、i, j, k の音で始まるボキャブラリーを紹介しています。ジェスチャーをしながら一緒に歌いましょう。そして、お家の中に同じ物やこの音で始まる物があるか探してみましょう。脚はありますよね。牛乳や地図、麺やナッツはありますか?てんとう虫が載っている絵本はありますか?他におたま、お面、ノートはありますか?

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
2月 01

feb1car hire vs car rentalDepending on if you visit America or England, will depend on how you ask to use a car! In America, it’s called car rental, and in England it’s referred to as car hire. This is the same thing, just with different words. You are borrowing the car from a company for an agreed period of time, so both words work in this context. “I would like to rent a car please” (American) or “I need to hire a car please” (British).

 

アメリカ英語とイギリス英語:レンタカー

アメリカとイギリスによっては車を借りるための言葉が違います!アメリカでは「car rental」と呼んで、イギリスでは「car hire」になります。まったく同じものを別の単語で呼んでいるだけです。決まった時間、会社から車を借りるので、どちらの単語を使っても同じです。アメリカでは「I would like to rent a car please」イギリスでは「I need to hire a car please」と言いましょう。

Tagged with:
preload preload preload