6月 10

“Even if you’re late, I’ll wait for you.”

Adding “even” to “if you’re late” makes it sound like it is very unlikely that you would be late, or it would be a bad thing to be late.

“Even Grandpa cried at the end of the movie.”

This “even” is followed by a noun, not a clause, so it doesn’t need an “if”.

“Even if you’re late, I’ll wait for you.”「もし遅れたとしても待ってあげるから。」
「If you’re late」に「even」をつけることで、遅れる可能性が低いか、遅れるのが悪いことだというニュアンスをつけます。

“Even Grandpa cried at the end of the movie.”「映画の結末でおじいちゃんまで泣いてしまった。」

「Even」の後は名詞だけ(つまりevenが主語の一部)なので「if」は必要ありません。

Tagged with:
6月 09

hv56farmchantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 9, introduces animals we often find on farms. After Storytime, do the chant and then do again with gestures. Then sing the song “Kinka and Pinka on the Farm” to introduce the sounds these animals make. This is a great unit to play charades with to review animal names, but also a chance for students to play Slap (karuta), asking What says moo-moo? so students can slap pictures of the animals. As students become confident, they can answer aloud with the animal name. The conversation encourages students to encourage each other by saying Good! Supporting students’ ability to encourage one another can really foster nice relationships between students, improving the group’s dynamics. If you have small animal figurines (you can also use flashcards), pretend that the animals have all run away. Hide them in the room and have the students search for them. Ask them what they can find, and when they discover one of the animals they can say its name in English and put it back on the farm.

 

教室でのヒント

スチューデントブック2、ユニット9のこのチャントは、牧場でよく見る動物を紹介します。ストーリータイムの後にチャントをして、次にジェスチャーを加えてやってみましょう。その後に「Kinka and Pinka on the Farm」という歌で動物の鳴き声を紹介します。動物の名前を復習するだけでなく、フラッシュカードを使ってカルタ遊びも出来ますよ。「What says moo-moo?」などときいて生徒が動物の絵のカードを叩きます。生徒に自信がついてきたら動物の名前を答えてもらいましょう。答えた生徒に他の生徒が「Good!」と言ってお互いを励ますことができるとグループが仲良くなって楽しい授業になります。動物のおもちゃがあれば(フラッシュカードでも代用可)、動物が皆逃げ出したと想像してみましょう。教室の色々なところに隠して生徒に探させます。何を見つけたかをきいて、その動物の名前を英語で言って牧場に戻します。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 9, introduces animals we often find on farms. Using this chant and the It’s a chant, your child can identify these animals in English. Using books you have at home, search for the different animals and identify them using English. If you have small animal figurines, pretend that the animals have all run away. Hide them in the room and have your child search for them. Ask them what they can find and when they discover one of the animals they can say its name in English and put it back on the farm.

 

お家でのヒント

スチューデントブック2、ユニット9のこのチャントは、牧場でよく見る動物を紹介します。このチャントと「It’s a chant」のチャントを使って英語で動物の名前を言いましょう。家にある本を使って、色々な動物を探して英語で名前を言いましょう。動物のおもちゃがあれば、動物が皆逃げ出したと想像しましょう。部屋の色々なところで隠して、子供に探してもらいましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
6月 07

もうすぐ夏になってアメリカとイギリスの子供にはリラックスしてステキな天気を楽しむための長い休みがきます。海、バーベキュー、たくさんのビールの季節でもあります!イングランドの天気は移り気で有名ですが、それでもBrits(イギリス人のスラング)は祭りやスポーツに参加します!

 

Summer is almost here, and for American and British children, this means a long break from school to kick back and enjoy the nice weather! It’s also a time of year for beach trips, BBQs, and lots of beer! The weather is famously unpredictable in England, but this doesn’t stop Brits (a slang term for residents of the United Kingdom/Great Britain) from taking part in festivals and sporting events!

Tagged with:
6月 03

“Thank you for waiting.” 「お待ちいただいてありがとうございます」
“Sorry to keep you waiting.” 「お待たせいたしまして申し訳ございません」

Your waiter might say this if it has taken a little while to bring you your food. The waiter should not say, “Sorry for waiting.” That makes it sound like the waiter was waiting, not the customer. They can say, “Sorry for the wait.”

料理を届けるのに少し時間がかかった場合のこのようなセリフをウェイターが言います。「Sorry for waiting」(待ってすみません)と言ってはダメです。これだとお客様ではなくウェイターが待っていたという風に聞き取られます。「Sorry for the wait」は大丈夫です(waitが名詞、つまり、待ったということについて謝っています)。

Tagged with:
5月 31

「New York minute(ニューヨークの一分)」とは普段より時間が早く過ぎているという意味です。例えば、「休暇がNew York minuteで終わってしまった」と言うことがあるかもしれません。職場でも、プロジェクトを完成させる時間が足りないなどという意味で使えます:「時間がNew York minuteで過ぎいくから、どうすれば時間通りに終わるかわからない!」

This is used to mean that time is passing by very quickly, even quicker than normal! For example, you might say, “That vacation went by in a New York minute!” It can also be used in a work setting, to mean that there isn’t enough time to complete a project: “Time is going by in a New York minute; I don’t know how I’m going to finish this!”

Tagged with:
5月 27

“Stop making excuses! I told you I wouldn’t excuse any absences without a doctor’s note.”
「言い訳はもういい!医者からのメモなければ欠席は許さないと言ったはずだ!」

“Make an excuse”と“誰か・なにかをexcuseする”の違いはなんでしょう?Make an excuseとは言い訳をする、悪いことをした理由を説明することです。誰かをexcuseすれというのは、誰かが悪いことをしたのを許してあげるという意味になります。

What’s the difference between making an excuse and excusing someone or something? If you make an excuse, you give a reason why something bad was done. If you excuse someone, you forgive them for doing the bad thing.

Tagged with:
5月 26

hv55familychantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 6, introduces family members, including grandma and grandpa. After Storytime, do the chant and then do again with gestures. Kinka and Pinka live only with their grandmother and we hope that this is clear and welcoming to students who may not have traditionally big families. We use this as an opportunity to have students bring in photos or drawings of their families and talk about who is in their picture(s). This can be done as a show-and-tell or in a circle with children exchanging pictures and point to different people saying the target language This is my mom.

 

教室でのヒント

スチューデントブック3のユニット6にあるこのチャントでは、おじいちゃんとおばあちゃんを含む家族を紹介しています。ストーリータイムの後にチャントをして、2回目はジェスチャーを交えてチャントをします。キンカとピンカはおばあちゃんと住んでいます。レッスンでは大家族ではない生徒にも馴染みやすい内容になっています。生徒に家族の写真や絵をレッスンに持ってきてもらい、写っている人について話してもらいましょう。show-and-tell のパターン、もしくは輪になって座り、写真や絵を生徒同士で交換して「This is my mom」などと家族を指さして説明するのもよいでしょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 6, introduces family members, including grandma and grandpa. After Storytime, do the chant and then do again with gestures. Kinka and Pinka live only with their grandmother and we hope that this is clear and welcoming to students who may not have traditionally big families. Use this as an opportunity for your child to look at family photos and identify the people. If they aren’t sure, teach them the question Who’s this? You might find that your child sees a picture of a parent as a child and thinks it is them, as happened with my daughter when looking at my baby pictures. When I asked her Who’s this? and she said It’s me!

 

お家でのヒント

スチューデントブック3のユニット6にあるこのチャントでは、おじいちゃんとおばあちゃんを含む家族を紹介しています。ストーリータイムの後にチャントをして、2回目はジェスチャーを交えてチャントをします。キンカとピンカはおばあちゃんと住んでいます。レッスンでは大家族ではない生徒にも馴染みやすい内容になっています。家族の写真を見せて誰が写っているかを言ってもらいましょう。わからない場合は「Who’s this?」という質問を教えましょう。親の子供の頃の写真を自分と間違えることもあるでしょう。私の娘は私の赤ちゃんだったころの写真をみて「Who’s this?」と聞かれて「It’s me!」と答えました。

 

Check out our latest Happy Valley Phonics Starter lesson plans for Unit 3: Toys and Counting, on the Happy Valley Downloads page!

 

ハッピーバレーフォニックスStarterユニット3の最新レッスンプラン「おもちゃを数える!」はダウンロードページでチェックしてください!

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad. iPhonemまたはPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
5月 24

良いイディオムです!何かをちゃんとしようとするなら、急いで大雑把にするより時間をかけてきちんとした方がいい、という意味です。例えば、学校や仕事でストレスを感じている友達がいます。そんな時、その友達に努力はいつか報われるということを思い出させてあげるのに使えます。

This is a good idiom! It means that if you want something done right, it is better to take your time and do it properly, rather than rush it and mess it up. For example, if you have a friend who is worried or stressed about school, it can be a good analogy to use to remind them that their hard work will pay off eventually.

Tagged with:
5月 20

“You had better have a good excuse for missing class yesterday!”
“Please excuse me for calling so late.”

「昨日授業を欠席したのには、良い言い訳があるのでしょうね?」
「夜分遅くの電話を許してください。」

二つの文の「excuse」という単語は同じように見えますが、実は使い方と発音が違います!1個目の文のexcuseは名詞で、最後のSはSの音になります。2個目の文では、excuseが動詞で発音はZの音になります。

The word “excuse” looks the same in both of these sentences, but it’s actually used and pronounced differently! “Excuse” in the first sentence is a noun, and the S makes an S sound. In the second sentence, “excuse” is a verb and the S makes a Z sound.

Tagged with:
5月 17

春が来ました!春と言えばいい天気、長い日、動物の赤ちゃん!イースターが終わってチョコレートを全部食べたら、外に出て春を楽しみましょう!

Spring is here! This means nicer weather, longer days, and lots of baby animals! Once Easter is over, and all the chocolate has been eaten, it’s time to get out and enjoy all that spring has to offer!

Tagged with:
preload preload preload