6月 24

“The new train is very fast. It takes less than three hours to get there.” 「新しい電車がとても速いです。三時間以下でつきます。」
“It’s very far. It takes almost three hours to get there.” 「とても遠いです。三時間近くかかります。」

“Less than three hours” and “almost three hours” can describe the same amount of time. (“Less than three hours” could also be two hours or one hour, but then it would be easier just to say “two hours” or “one hour”.) If the number is the same, “less than” makes it sound small. The train is fast, so the time is short! “Almost” makes it sound big. The distance is far, so the time is long!

「Less than three hours」と「almost three hours」は同じ時間を表すことができます。(「Less than three hours」といえば、2時間や1時間もありですが、その場合は直に「2時間」「1時間」と言えば良いです。)同じ数字でも、「less than」をつけると小さく聞こえます。電車が速いから時間も短い!「Almost」をつけると大きく感じます。距離があまりにも遠いから時間も長い!

Tagged with:
6月 17

“More than a thousand fans attended the concert.” “More than 20 accidents have occurred at this intersection in the last year.” “This pump produces more than 50 barrels of oil a day.”

「千人以上のファンがコンサートに行きました。」「この交差点でこの一年間で20個以上の事故が起こりました。」「このポンプは一日で50バレル以上の石油を取り出します。」

We can add “more than” when we use a number.
数字の前に「more than」を加えることができます。

This lets us give a nice, even number, even if we don’t know the exact number. It also makes the number sound large.

これで正式な数字がわからなくても、気持ちよくまとめた数字が使えます。数字が大きいという印象も与えます。

Tagged with:
6月 10

“Even if you’re late, I’ll wait for you.”

Adding “even” to “if you’re late” makes it sound like it is very unlikely that you would be late, or it would be a bad thing to be late.

“Even Grandpa cried at the end of the movie.”

This “even” is followed by a noun, not a clause, so it doesn’t need an “if”.

“Even if you’re late, I’ll wait for you.”「もし遅れたとしても待ってあげるから。」
「If you’re late」に「even」をつけることで、遅れる可能性が低いか、遅れるのが悪いことだというニュアンスをつけます。

“Even Grandpa cried at the end of the movie.”「映画の結末でおじいちゃんまで泣いてしまった。」

「Even」の後は名詞だけ(つまりevenが主語の一部)なので「if」は必要ありません。

Tagged with:
6月 03

“Thank you for waiting.” 「お待ちいただいてありがとうございます」
“Sorry to keep you waiting.” 「お待たせいたしまして申し訳ございません」

Your waiter might say this if it has taken a little while to bring you your food. The waiter should not say, “Sorry for waiting.” That makes it sound like the waiter was waiting, not the customer. They can say, “Sorry for the wait.”

料理を届けるのに少し時間がかかった場合のこのようなセリフをウェイターが言います。「Sorry for waiting」(待ってすみません)と言ってはダメです。これだとお客様ではなくウェイターが待っていたという風に聞き取られます。「Sorry for the wait」は大丈夫です(waitが名詞、つまり、待ったということについて謝っています)。

Tagged with:
5月 20

“You had better have a good excuse for missing class yesterday!”
“Please excuse me for calling so late.”

「昨日授業を欠席したのには、良い言い訳があるのでしょうね?」
「夜分遅くの電話を許してください。」

二つの文の「excuse」という単語は同じように見えますが、実は使い方と発音が違います!1個目の文のexcuseは名詞で、最後のSはSの音になります。2個目の文では、excuseが動詞で発音はZの音になります。

The word “excuse” looks the same in both of these sentences, but it’s actually used and pronounced differently! “Excuse” in the first sentence is a noun, and the S makes an S sound. In the second sentence, “excuse” is a verb and the S makes a Z sound.

Tagged with:
2月 18

“They would have you believe they’re on your side. But they’re lying!”

“Would have” appears in sentences talking about what would have happened if things had been different in the past (“If I had looked at the weather report, I would have brought an umbrella”), but in this example, it means that someone wants to make someone else do something (believe).

「彼らはあなたの味方だと信じこませようとしているが、嘘です!」

「Would have」は「天気予報を見ていたら傘を持ってきた」みたいな文には、過去が違っていたらありえたことについて話すときに使いますが、この例文では、誰かが別の人に何かして欲しい、何かさせたい(この場合は信じさせたい)という意味で使っています。

Tagged with:
2月 04

okinawa_feb4“He left an hour ago. He’s likely home by now.”
“Those donuts are really popular. It’s not likely there are any left.”

If something is likely, the speaker doesn’t know for sure, but thinks it’s probably true. If something is not likely (or unlikely), it’s probably (but not definitely) not true.

「一時間前に出発したからもう家に到着しているでしょう。」
「そのドーナツは人気があるから、まだ残っているとは思えない。」

Likelyなことは、確信はしていないけど、多分そうだろうと話し手が思っています。Not likely又はunlikelyなことは、(絶対じゃないけど)違うと思っています。

Tagged with:
preload preload preload